リアップの概要

MENU

RiUP(リアップ)はどんな育毛剤?

ドラッグストアなどでも購入できる市販育毛剤と言えば、
やはり「リアップ」なのではないでしょうか?

 

TVCMもたくさん放送していますし、
多くの方が「育毛剤=リアップ」というイメージなのではと思います。

 

こちらでは「リアップ」についてまとめてみました。

 

国内で初めてミノキシジルを配合

リアップの主成分として有名な「ミノキシジル」
実はこの成分は海外で初めて育毛に高い効果があるとが認められました。

 

しかし、当初の日本では
ミノキシジルを配合した育毛剤の製造・販売は認められておらず、
1999年に日本で初めてとなるミノキシジル系育毛剤「リアップ」が大正製薬から発売。

 

「ミノキシジル系育毛剤」を待ちわびていた日本人の間では、
発売当初からかなりの人気があり、品薄状態が続く程だった様です。
その結果、日本では育毛剤と言えば「リアップ」と認知される様になりました。

 

リアップで最も効果が高いのは「リアップX5」

これまでいくつかのシリーズを販売しているリアップですが、
その中でも、2009年に販売された「リアップX5」が効果が高いとされており、
従来の製品に比べ、「ミノキシジル」の濃度が5倍に増量されています。

 

これまでは、ミノキシジル配合量は1%だったのに比べ、
5%の配合量になったため、効果は群を抜いて高いと言うことになります。

 

リアップには副作用が存在する!?

しかし、気をつけなければならないのが副作用の存在です。

 

ミノキシジルは育毛に高い効果が認められていますが、
その反面、副作用の懸念があるとされる事でも有名なんです。

 

現にリアップにも副作用の症状が挙げられており、
頭皮の痒みや、炎症、湿疹、脂漏性皮膚炎、倦怠感、動悸など・・・
様々な副作用を発症してしまうリスクがあります。

 

さらには、ミノキシジルの配合量1%の従来のリアップに比べ、
配合量が5%のリアップX5は副作用発症の確立が高くなってしまいます。

 

私自身、リアップについてはかなり調べていましたが、その中でも特に気になったのが、
リアップの使用中に3名が循環器疾患で死亡していると言うこと。(1999年末)

 

薬品との因果関係は不明とされていますが、それ以外でも、
循環器系の副作用が500例も寄せられていることが明らかになっているそうです。
(1999年から2003年にかけて)

 

これには正直驚きました。効果がいくら高いといってもリスクも高いのでは安心できません。